ヒートテック かゆい

ヒートテックを着てると、なんかカラダがかゆい!

↓コレ↓かなりスゴイです。




なんだか冬になると首とかおなかがかゆい、でもなんでこんなにチクチクするんだろ?
おふろに入るときに、ヒートテックを脱ぐとパチパチする。
ふと鏡を見たら、カラダにヒートテックのあとがうっすら赤くなってる
あれ?もしかしてヒートテックが原因?


こんな風に気づく人が多いようです。
実はこれって乾燥肌が原因って知ってましたか?
皮膚科の先生に聞いたら、最近ヒートテックをはじめとしたヒート系の肌着による
皮膚トラブルがとても増えているそうです。
ヒートテックは確かに暖かいのですが、肌を乾燥させるはたらきがあるために乾燥肌、敏感肌、アトピー性皮膚炎の人には
おすすめできないそうなんです。


じつはヒートテックは、「吸湿発熱繊維」という化学繊維でできています。
かんたんに言うと、カラダからでる汗を繊維が吸収すると、繊維自体が発熱するという素材です。
ですから必要以上にカラダから水分が失われてしまうんですね。
専門的には、肌の表面をおおっている肌バリア機能が低下して刺激が直接伝わることでかゆくなってしまうのです。
多くの皮膚科の医師が着用をすすめないのも納得ですね。


そこでとりあえずは皮膚科医を受診するか、市販のくすりを使うことになると思います。
でも症状が治まったからといって、またヒートテックを着ると同じことのくり返しになります。


なのでかゆみを改善するには肌にやさしい素材の下着、肌着が必要になります。   
できたら身につけてることを忘れてしまうような・・・。
そんなのあるわけないと思ってましたが、ありました。
「クオーレアモーレ」という下着です。
クオーレアモーレの下着は、大学病院と共同で開発されたものです。


ひどいアトピーの人でも刺激を感じないことを目標に、今も進化している下着です。
オーガニックコットンや綿100パーセントでも刺激を感じてしまう敏感肌の人も愛用しているそうです。
しかも下着を変えただけでも症状が落ち着く例が多いみたいです。
かゆみを改善するにはクオーレアモーレの下着がおすすめですよ。

かゆみを防げる超低刺激コットン♪クオーレアモーレショッピングサイト♪


寒さ対策はカンタンです。
ヒートテックを地肌に直接着るのではなく、肌にやさしい下着を着て、その上にヒートテックを着てみてください。


乾燥肌や敏感肌、またはアトピーの人はもちろん、普段はそうでもないけど冬場は乾燥するという人 
もいるでしょう。
とにかく、直接地肌にヒートテックを着るのをやめましょう。
そしてクオーレアモーレのような、肌にやさしい下着、肌着を下に着れば良いんです。


冬はほかの季節とくらべて、湿度が低く乾燥しやすい季節なので、肌バリア機能も低下している季節です。
普段は普通の肌の人であっても、冬は乾燥ぎみになる人もたくさんいます。
もちろんアトピーの人や敏感肌、乾燥肌の人は保湿が欠かせませんよね。


これらのことから、「ヒートテックを着るとかゆい」という人は肌にやさしい下着、肌着を身につけ
る必要があります。

かゆみを防げる超低刺激コットン♪クオーレアモーレショッピングサイト♪


もともとアトピーの人でも着れるように開発された、綿100パーセントよりも低刺激な素材で作られている
ので、クオーレアモーレの肌着にしただけで肌トラブルが改善したという例も多いそうです。
寒がりのあなたは、クオーレアモーレの下着のうえにヒートテックを重ね着してみましょう。
今年の冬はかゆみがないのに暖かさを実感できるはずです。


クオーレアモーレの暖かいタイプの下着もありますよ♪
脇縫い目のない低刺激、綿100%なのに暖かい♪レディスあったか長袖インナー

ヒートテックってそもそも?

2003年に発売されて以来、その暖かさで大ヒットしているユニクロのヒートテック。
冬なのに脇汗をかくとか、脇の臭いが気になるほどの暖かさで手放せない人も多いようです。
肌着など直接肌に触れるものでは、タイツや靴下、ソックス、レギンス、スパッツ、長袖のシャツからtシャツ、キャミ
ソールからスポーツタイツにショートパンツ、ショーツまで全身に対応しています。
また、フリースのタートルネックやジーンズなどのズボンまで販売されています。
ヒートテックのアウターでコーディネートできるほどです。
もちろんメンズ、レディース対応ですし、赤ちゃんから幼児まで子供用も豊富です。
キッズ、ベビー用品の充実は、ポケモンなどのキャラクターが描かれたヒートテックがあることでも分かると思います。
色だけではなく、柄も豊富です。


あまりに大ヒットだったために、しまむらやヨーカドー、ドンキホーテ、無印良品などのお店だけではなく、グンゼのような衣類
メーカーも類似品を販売しています。(ドンキは価格は安いけどノーブランドのようです。)
類似品だけでも多くの種類があるので、より暖かいものを求めて口コミなど比較されているようです。

 

トップバリュ/イオン ヒートファクト

 イトーヨーカドー ボディヒーター

 しまむら ファイバーヒート

 西友 エコヒート

 グンゼ ホットマジック

 ベルメゾン ホットコット

 無印良品 ぬくもりインナー

 GU あったかインナー



その他にスポーツメーカーからも同じようなタイプの商品が販売されています。
モンベルやミズノ、アンダーアーマーなどが有名です。
ですが、あちらは登山やスキー、スノーボード、ランニングなどに特化された商品なので、ひとくくりにはできないようです。
モンベルジオラインやスーパーメリノウール、ミズノブレスサーモなどは知名度も高いですが、日常に使うには値段も高いです。
素材もそれぞれ違うので、特徴も違います。


海外でも「uniqlo」として有名ですが、近年は極暖やエクストラウォームという、さらに暖かい商品が出ています。
極暖は毛玉のこともありましたが、その時の対応でユニクロの評判は上がったように感じます。
夏でもヒートテックが売っているので、夏に着る人がいるのか話題になったことがありますが、夏はエアリズムという商品があるの
でそちらを選びましょう。


化繊と肌荒れについて。

ヒートテックのような下着、肌着のことを発熱肌着、機能性下着、あったか下着といいます。
いわゆる化繊、化学繊維でできています。(人によっては暖かくないという人もいるのだとか)
メーカーによって違いますが、レーヨンやアクリル、ポリウレタン、ポリエステルなどが主成分ですね。
化繊は静電気を生じやすいので、アトピーなどのアレルギーの人は皮膚科医もすすめないはずです。
ですから肌が丈夫でない人は、ヒートテックなどを身につけると痒みだけでなく、湿疹や麻疹、かぶれ、背中ニキビ、デコルテニキビ
ができる人もいるようです。主に上半身に出る人が多いですが、まれに足などの下半身にかゆみが出る人もいるようです。
普段からザーネクリームを使用していたり、皮膚科からステロイド入りの薬やビーソフテンローションなどを処方されている人は
直接身につけないことが重要です。

また肌トラブルのある子どもさんに使っていた、というケースもあるようなのでお母さんは気をつけてください。
寝るときになって、かゆがるのでなんで?、と思っていたら原因はヒートテックだったということも多いみたいです。
肌荒れにならないように、下に綿100パーセントなどの肌にやさしい素材を着せてあげてくださいね。

写真で見たことがあるのですが、ヒートテックを脱いで裸になったときに、肌着のあとだけ肌色じゃなく、赤くなっていました。
そうなる前に肌にやさしい素材で対策しましょう。また、そういう素材は洗濯も気をつけてください。hi

基本的な5つの対策

1.肌にやさしい素材の肌着を身につけましょう。
ふつうは綿やシルク、ウールなどの天然の素材が良いでしょう。
もっと肌にやさしいタイプだと、まったく肌が異物感を感じないBMKコットンというものもおすすめです。


2.夏だと熱中症対策として、水分を補給することが重要だと言われます。
ですが、冬でも人間の体は1日2リットルの水分を失っています。
それだけ補給する必要があるのです。でも冬はそんなに意識しませんよね。
当然皮膚も乾燥してしまいます。
冬もこまめに水分を補給しましょう。


3.お風呂にはいりすぎない。                      おふろ
間違ってもナイロンタオルなどでゴシゴシこすってはいけません。
ボディソープも刺激の強いものが多いので、肌にやさしいものを選びましょう。
お湯の温度もあまり高いのは避けましょう。
刺激が強すぎて、かゆみが起きやすいです。


4.保湿しましょう。乳液やクリームを塗って肌のバリア機能を助けましょう。
セラミドや尿素配合のタイプがすすめられていますが、とりあえずはワセリンでいいと思います。
日本の冬は、基本的に湿度が低いです。とくにエアコンの効いた室内は乾燥しています。
保湿器などの利用も考えましょう。


5.皮膚科を受診しましょう。
なんだかんだで一番確実です。
おそらくヒートテック禁止になると思いますが・・・。


(番外編)
いちど洗濯してから着るといいと言う人もいます。
ヒートテックの繊維が、少しやわらかくなるので肌への刺激が少し小さくなるのでしょう。
軽度の乾燥肌の場合だと、これくらいでも効果アリかもしれません。
でも基本はやはり地肌に直接は着ないことでしょう。



乾燥肌、敏感肌、アトピーなどの人がすべてヒートテックがダメではありません。
じつは結構、ふつうに着ている人も多いです。寒いときはヒートテックを重ね着するという人もいます。
どちらかというと、化学繊維アレルギーという人の方がダメな人多いみたいですね。
ですが、ヒートテック皮膚炎とかヒートテック湿疹という言葉ができるくらいなのでかなり多くの人が悩んでいるのも事実です。
正式には衣類皮膚炎とか布かぶれというそうです。


ヒートテックを着てはじめて、自分が乾燥肌だったと気づく人も多いみたいです。
脱いだ時に虫にさされたような跡がたくさんできていて、驚いたと聞いたことがあります。





 

サイトマップ

日本有線大賞