敏感肌の人は下着の素材にこだわりをもったほうがいい。

綿100パーセントよりも肌にやさしい素材とは?



ブラジャーだとワイヤーのところ、ショーツだとウエストのゴムのところ、毎日赤くなったり、かゆくなりますよね。
ひどいときだと湿疹みたいにただれたりすることもあるでしょう。


敏感肌のひとは肌のバリア機能が低下しています。                  
バリア機能が低下すると、刺激がダイレクトにつたわるので
かゆくなったりするわけです。


ふつう下着は温度や外的な刺激から肌を守るやくわりがあります。
ですがいつも肌とふれあっているために、逆にストレスになることもあります。
敏感肌のひとはよりストレスが大きくなるので、下着、とくに下着の素材には
こだわるべきです。


オーガニックコットンやシルクよりも肌にやさしい素材があります。
BMKコットンという素材です。
クオーレアモーレという会社がアトピー性皮膚炎の赤ちゃんのストレスをなくすために開発したものです。
かぎりなく肌に異物と感じさせないことをコンセプトに作られているので肌ストレスが激減します。


肌ストレスが減ると、結果としてかゆみなどの反応が軽くなり、バリア機能が回復できる時間ができます。
バリア機能が徐々に回復すると、刺激にも強くなってくるのでかゆみも起きにくいという好循環が生まれるのです。


クオーレアモーレの下着は素材だけでなく、縫い目が表側にあったり、裏側のタグもとりはずせるなど肌にやさしい工夫がたくさんあります。

敏感肌だと保湿やスキンケアに目が向きがちですが、下着を変えることもぜひ考えてみてください。
きっと症状がよくなっていきます。

生体親和性バッチリのBMK肌ケアコットン♪クオーレアモーレショッピングサイト♪

 

サイトマップ

日本有線大賞